子どもを育てる魔法の言葉 「ママ、嬉しいな」

神戸のプリスクール【KEA】について
【2024年度】生徒募集のご案内

 

こんにちは!Kobe English Academy の事務局です。

春の訪れを感じる今日この頃、卒園目前のK3のクラスでは、IBL(Inquiry Based Learning・探求学習)を行っていました。今日は、その学習風景の一コマのご紹介です。

IBL学習は、子どもたちが主体的に課題を見つけ、その課題を探求的に学習する、学習方法の一つです。

学習者には
・課題を設定する力、
・課題解決に向けて、情報を収集・整理・分析する力が備わります。

周囲とコミュニケーションを取りながら、協働的に進めていくため、
・まとめ・表現する力も育まれます。

これからの社会を生き抜くにあたってとても重要視されている学習活動です。

 

 

 

 

 

さて、問題です!子ども達は何の課題を設定したと思いますか?

この課題をすることになったきっかけは、何だったのだろう?と逆に考えるのも楽しいですね。もちろんゴールも…。まだ学習は続いている可能性があります。

私も考えてみたいと思います。答えは次の時にご紹介しますね。

 

さて、今回は、教育コラム『子どもを育てる魔法の言葉「ママ、嬉しいな」』です。

KEAのペアレンティング講座でお世話になっている江藤真規先生のコラムです。

 

こちらのブログは、KEA at home(KEAのオンラインスクール)でご紹介したものになります。

( https://online.kobe-english-academy.com/2023/02/24/happy/ ‎)

 

KEA at home 第18回コラムも、引き続き子育てコーチングをご専門とする、
江藤真規先生のコラムをご紹介します。

 

子どもは、お父さん、お母さんが大好きです。

特に小さいお子さんにとっては、親の存在は非常に大きく、親からの影響によって価値観形成もされています。

なので、子どもは一つひとつを親に確認しますし、大好きな親を喜ばせるために、頑張ったりもするのです。

 

 

親の存在は、自分の世界を大きく占めている存在。

ですから、子どもは親の表情や気分、親がどう感じているかを気にします

しかし、親側はと言うと、とかく子どもに投げかける言葉が、指示や評価となってしまいます。

 

良く育てようと思えば思うほど、「よくできたね」「まあまあだったわ」と、評価者のような言葉になってしまいます。

「嬉しい!」
「やった〜」

と、感情を子どもに伝えることは、あまりないかもしれません。

 

言葉は習慣。

感情をそのまま表現することに慣れていないのなら、今から是非とも新しい習慣を作ってみてください。

 

子どもの喜びには、大人も一緒に喜んであげましょう。

 

いつも正論で、それは正しい、間違い、と評価を下すばかりでなく、「自分」はどう思うのか、どう感じるのかを表現してみてはどうでしょう。

子どもが成果をだしたときには、思いっきり自分も一緒に喜びます。

 

「最近、早起きが定着してきているよね。ママ、とても嬉しいな!

 

「えらいね」というメッセージよりも、子どもにとっての喜びは大きいはず。

嬉しい。
楽しい。
ワクワクする。
ドキドキする。

喜びを表す言葉は、他にもいろいろありますよ。

 

 

一方で、子どもがなかなか前進できずに落ち込んでいるときには、注意が必要です。

落ち込みに追い打ちをかけるように、「ママはとても悲しいわ」、これでは、子どもの気持ちに行き場がなくなってしまいます。

 

こんなときには、勇気づける役割に回りましょう。

「今までやってきたのだから、力はついているよ!」

 

日常を共にする関係だからこそ、できることと感じます。

 

記事執筆 
KEAプログラムコーディネーター
江藤真規

https://saita-coordination.com/

株式会社サイタコーディネーション代表取締役
(サイタコーチングスクール主宰)
博士(教育学)
アカデミックコーチング学会理事

公益財団法人民際センター評議員
一般財団法人教育振興財団理事

 

さて、いかがでしたでしょうか。「評価者のような言葉」にドキッとしました。私も、スクールの子ども達と何かを共有するときは、評価者の言葉ではなく、素直に感じている言葉を発していこうと思います。

 

最後に、KEA Junior、Daily Classの募集内容をご案内いたします。ぜひWebsiteにもアクセスしてください!!

KEAへのご入学をご検討の皆様へ

2023年度【KEA Junior】募集要項

対象年齢2020年4月2日〜2021年4月1日生まれ
保育時間と定員・週5日クラス
・週3日クラス(水木金)
・週2日クラス(月火)
*時間は、全て8:45~14:45(ランチは、スクールから提供)
*各クラス定員8名
(各日1名程度の空がございます 。オフィスまでお問合せ下さい。)
願書提出期間一次締め切りは12月22日(木)

【キャンペーン】
1次締め切りの12月22日までにお申し込みいただき、トライアル後にご入学が確定いたしましたら、ご入学金を30%オフ

願書提出内容と方法Application form(入学願書)と事前のアンケートを郵送または、スクールにご持参などの方法で、ご提出ください。

1月の選考会にご参加の際は、事前にApprication fee登録料(税抜)のご案内をさせていただきます。

入学トライアル◇2023年1月19日(木) 三者面談も実施いたします。
入学説明会2022年12月6日(火) 15:00~16:00(オンライン説明会)
入学までの流れ1月30日(月)~2月10日(金)入学手続き
1月31日(月)~2月3日(金)入学生徒個別オリエンテーション期間
入学2023年4月10日(月)入学式
*4月10日から慣らし保育(2時間)午後の預かりは無し4月17日より通常どおり8:45~14:45
その他制服:上はスクールTシャツを着用、下は自由(動きやすいもの)

ランチ:スクールから提供

振替:ご家庭の都合による欠席、病気等振替は行いません。(1か月以上の病欠等考慮)

Junior生でKEAへのDaily Classへの進級をご希望の場合は、スクールがご案内する選考会及び入学金は免除になります。個別の面談は実施することがあります。

KEA Junior : https://littlesprouts.website/

2023年度【Daily class】募集要項

出願対象年齢K1(3歳児)2019年4月2日~2020年4月1日生まれ残席4名
K2(4歳児)2018年4月2日~2019年4月1日生まれ若干名
K3(5歳児)2017年4月2日~2018年4月1日生まれ若干名
保育時間平日月曜日~金曜日、8:30~14:30の通学コースです。


KEAの充実したカリキュラムで、年少~年長の3年間、次のステップへのバランスの良い基盤を作っていきます。

願書提出期間◇1次募集 2022年6月1日(水)~10月29日(土)
◇2次募集 2023年1月6日(金)締切
◇最終募集 2023年2月21日(火)締切
【キャンペーン】
ご兄姉が、KEA会員の方は、ご入学金を50% off
その他、早割キャンペーンなどもございます。各種資料をご請求下さい。
願書提出内容と方法Application form(入学願書)を郵送または、スクールにご持参などの方法でご提出ください。

1月の選考会にご参加の際には、事前にApplication fee 登録料20,000円(税抜)のご案内をさせて頂きます。

入学トライアル◇1次 2022年11月10日(木)
◇2次 2023年 1月18日(水)
◇最終 2023年 2月27日(月)
入学選考入学トライアル後、内定者を通知させていただきます。
ご入学を決定されましたら、ご案内期日までにAdmission fee(入学金)をお納めいただきます。
入学説明会2023年2月4日(土)
必要な追加書類や用品のご説明、お子様のアレルギー、性格などのヒアリングをさせていただきます。
入学2023年4月開講

Baby Class, After Class, Saturday Classも募集しています。お気軽にお問合せください。募集内容は、以下のURLにてご案内しています。https://kobe-english-academy.com/

*またKEAは、神戸市の認可外無償化対象施設になっています。

コメント

お電話はこちら 078-392-7017
error:Content is protected !!