子どもを育てる魔法の言葉 「〇〇の気持ちだったんだね」

神戸のプリスクール【KEA】について
【2025年度】生徒募集のご案内

こんにちは!Kobe English Academy の事務局です。

今日は、2月22日に開催したイベント「Book character’s day」をご紹介します。

絵本の中の誰かになりきるというこのイベント。

元々、World Book Day(世界本の日/世界本と著作権の日)として、「読書・出版・著作権(知的財産権)保護の促進」に関する国際デーなのだそうです。

1996年から実施されていて、「書籍とその作者たちに経緯を表する」記念日であり、「読書の楽しみを特に若い人々に伝えるとともに、人類の文化的・社会的進歩に果たした人々のかけがえのない貢献への敬意を新たにすること(ウィキペディアより)」が目的だそうです。

今年は3月7日ですが、スクールでは、一足早く開催しました。

ちゃーんと本をもってきてくれて誰になったかみんなに紹介!

仮装をすることの楽しみはあるけれども、もちろんそれだけでなく、様々なジャンルの本を探求して、読書の楽しみを育むことも大事することを考えてこの日を設けています。

ペーパーレスの時代になっていますが、いろんな本と出合って、知識を深めたり、感動していって欲しいと思います。

 

さて今回は、子どもを育てる魔法の言葉「〇〇の気持ちだったんだね」です。

KEAのペアレンティング講座でお世話になっている江藤真規先生のコラムです。

子どもを育てる魔法の言葉「〇〇の気持ちだったんだね」

スクールからの帰り道、いつになく元気がない我が子。

どうしたのか聞いてみると、仲良しのAちゃんと喧嘩になってしまったと言います。

喧嘩の理由を聞いてみると、先生しか使ってはいけないホウキをAちゃんが使っていて、「それは先生しか使えないよ」と指摘したら、Aちゃんが怒り出したとのこと。

なかなか難しい子ども同士の人間関係。

どう、コメントすればよいのでしょう。

「わかってほしい」が一番の欲求

我が子は正しいことを言ったわけだし、悪いのはAちゃんだと思う。

「Aちゃんに明日きちんと伝えよう」。

しかし、明日になってそんなことを持ち出しても、きっとAちゃんには伝わらないだろなあ…。

せっかく仲良しなのに、人間関係に傷をつけてしまうのもイヤだしなあ。

子ども同士のいざこざなんて気にする必要なし。

「そんなこと気にすることないよ。明日になればまた仲よしできるよ!」。

しかし、Aちゃんの前では、いつも我慢をしているというのも違うと思うし…。

自分の気持を言えなくなってしまったら、それはそれで大変だし…。

子どもに悩みを打ち明けられた時の対応には、いろいろな迷いが生じます。

そして、たいていの助言は役に立ちません。

こういった時には、是非ともその時の「子どもの気持ち」を意識しましょう。

打ち明けてくれた時に、子どもが悲しい思いをしているなら、その気持をわかってあげましょう。

「わかってほしい」これが人間の一番の欲求です。

「そうか、悲しかったんだね」これで十分。

そもそも、その出来事が置きた場面を見ていたわけではないので、片方の(この場合我が子の)意見だけを信じて、助言をすることには難しさがあります。

 

「気持ちの代弁」+質問で自己解決能力を鍛える

「わかっているよ」を伝えるためには、気持ちの代弁が効果的

「そうか、悔しかったんだんね」

「なるほど、困ってしまったのね」

「へ〜、そんなに嬉しかったんだ」

等、子どもの気持ちを表情や聞こえてくる情報から汲み取り、代弁してあげます。

子ども同士のいざこざは、子ども同士で解決していくことが一番です。

気持ちをわかってあげることで、子どもの気持ちを前向きにできれば、次は「どうすればいいか」を考えさせましょう。

「そうか、悲しかったんだね。本当はその時、何て伝えたかったのかな」

「明日、どう言ってみようか」等。

答えは子どもの中にあります。

質問で、その答えを引き出してあげます。

実際には、Aちゃんとの間でそんな話を翌日しないことも多いでしょう。

もちろんそれで大丈夫。

子どもは自分なりになんとか対応していくものです。

大切なのは、その時の自分を大切にするということ。

自分の感情を大切にするということ。

気持ちの代弁で、心の強い子どもを育てていきましょう。

記事執筆 
KEAプログラムコーディネーター
江藤真規

https://saita-coordination.com/
株式会社サイタコーディネーション代表取締役
(サイタコーチングスクール主宰)
博士(教育学)
アカデミックコーチング学会理事

公益財団法人民際センター評議員
一般財団法人教育振興財団理事
さてKEAでは、まだJunior、Daily Classともに残席があり、引き続き募集をしています。インターナショナルスクールに興味がおありになりましたら、ぜひ、お問い合わせください。
KEAへのご入学をご検討の皆様へ

2024年度【KEA Junior】募集要項

対象年齢 2021年4月2日〜2022年4月1日生まれ
保育時間と定員 ・週5日クラス
・週3日クラス(水木金)
・週2日クラス(月火)
*時間は、全て8:45~14:45(ランチは、スクールから提供)
*各クラス定員8名(最大定員16名) 残席は、少なくなっています。
願書提出期間  引き続き願書を受け付けています。
願書提出内容と方法 Application form(入学願書)と事前のアンケートを郵送または、スクールにご持参などの方法で、ご提出ください。

選考会にご参加の際は、事前にApplication fee 登録料20,000円(税抜)のご案内をさせていただきます。

入学トライアル 随時受け付けています。
その他 制服:上はスクールTシャツを着用、下は自由(動きやすいもの)

ランチ:スクールから提供

振替:ご家庭の都合による欠席、病気等振替は行いません。(1か月以上の病欠等考慮)

Junior生でKEAへのDaily Classへの進級をご希望の場合は、スクールがご案内する選考会及び入学金は免除になります。個別の面談は実施することがあります。

KEA Junior : https://littlesprouts.website/

2024年度【Daily class】募集要項

出願対象年齢 K1(3歳児) 2020年4月2日~2021年4月1日生まれ 残席あり
K2(4歳児) 2019年4月2日~2020年4月1日生まれ 残席1名
K3(5歳児) 2018年4月2日~2019年4月1日生まれ 残席あり
保育時間 平日月曜日~金曜日、8:30~14:30の通学コースです。

KEAの充実したカリキュラムで、年少~年長の3年間、次のステップへのバランスの良い基盤を作っていきます。

願書提出期間 引き続き願書を受け付けています。
願書提出内容と方法 Application form(入学願書)を郵送または、スクールにご持参などの方法でご提出ください。

体験入学&選考会にご参加ご希望の場合には、事前にApplication fee 登録料20,000円(税抜)のご案内をさせて頂きます。

入学トライアル  随時受け付けています。
入学選考 入学トライアル後、内定者を通知させていただきます。
ご入学を決定されましたら、ご案内期日までにAdmission fee(入学金)をお納めいただきます。

Baby Class, After Class, Saturday Classも募集しています。お気軽にお問合せください。募集内容は、以下のURLにてご案内しています。https://kobe-english-academy.com/about_admission

Instagram : https://www.instagram.com/kobe.english.academy/

*またKEAは、神戸市の認可外無償化対象施設になっています。

コメント

お電話はこちら 078-392-7017
error: Content is protected !!