COURSES

What will children learn?

主体性 ”あなたはどうしたいのか、どう考えるのかが日常的に問われます”
多様性 ”他人の意見と自分の意見が異なることこそ面白いという文化を作ります”
自信 ”子どもを一人の人間として尊重することで、子どもの自信が育っていきます”
リーダーシップ ”仲間のために何かをやってあげる経験、そこから得られる喜びを重視します”
表現力 ”言葉で伝えたいことを伝える、言葉を通して感情を交流させることを大切にしています”
思考力 ”考える機会を与え、考える時間はゆっくり待ちます”
判断力 ”選択/判断する経験を重ねます。ゲーム等のツールを利用することもあります”
規律 ”人間としてルールを守ることは重要です。ルールの意味を自分で納得するところ からスタートします”
学ぶ姿勢 ”学ぶことの楽しさを伝え続けます”

 

KEA Programs

English
Inquiry-Based Learning
Digital Literacy

Multiple Choices
Parental Support

English 英語

KEAでは、英語を第2言語として学ぶ子ども達のために作られたカリキュラムと、ネイティブの子ども達が学ぶのと同じフォニックスの学習方法を合わせた、KEAオリジナルのメソッドで指導しています。

 

幼少期の英語教育の意味

幼少期の子ども向けの英語スクールは増えました。小学校からの英語教育スタートに向け、学習としての英語を、いち早く学ばせようとする考え方も多くあるようですが、私たちの英語に対するスタンスは異なります。KEAでは、英語を学習としては捉えていません。英語は「経験の質」を高めるための一つのツールとして捉えています。

もしも英語が母語と同様のコミュニケーションツールとなったら…。子どものまなざしは自然に世界を意識し、間違いなく子どもの可能性が広がるはずです。幼少期は何でもぐんぐん吸収できる時期です。学校の学習がスタートする前だからこそ、英語を学習としてではなく、便利なコミュニケーションツールとして身につけることができるのです。日常的に、そこに英語がある環境だからこそ、英語を繰り返し聞く、英語を繰り返し使う、英語での繰り返し学ぶ、が実現できます。海外に育った日本人子女が当たり前のように英語を身に着けていくプロセスを、KEAでは実践しています。

 

WHY STUDY ENGLISH?

At KEA, we believe in the power of communication. More people speak English than any other language around the world. English has become the communal language of education, business, travel, pop culture and diplomacy. Being able to communicate effectively in English will open up your child’s world literally and figuratively and will provide them with new and exciting opportunities, as a global citizen, that wouldn’t have existed otherwise.

By starting your child’s English education with us, you will expand their ability to learn about and from the world. In KEA English program, your child will begin on a path of discovery and wonder where they will gain the necessary skills to become:

• effective communicators
• successful learners
• confident and creative individuals
• informed citizens who have the ability to contribute to their communities on a local and global level.

続きはコチラ

OUR PHILOSOPHY

The KEA English program is built on the idea that the goal of a good kindergarten program is to provide children countless opportunities to learn and practice the essential social, emotional, and academic skills that they will use throughout the rest of their school lives and beyond.
With this as our foundation, we strive to be more than simply a language school. Our goal is to provide an excellent quality English education while at the same time using the English setting to foster and promote the necessary skills to develop the social and emotional well-being of our students.
Our whole child approach to English instruction creates an environment in which children feel safe, secure, and supported. This allows them to grow in confidence to explore and learn. It helps them see learning as a social activity in which they actively participate, which results in a greater sense of pride and a deeper understanding.
By thinking of English as more than just an academic skill, the KEA English program helps guide and encourage your child’s growth in the English language coupled with their growth as a person.

OUR LESSONS
In addition to students constantly learning English indirectly through natural communication and playing in the rich English environment of KEA, we offer direct conversation-based English lessons that help our students gain proficiency in speaking, listening, reading, and writing. The KEA English lesson is an active learning environment where language acquisition is the main goal, but not the only goal. Our lessons are planned, structured, and taught in a way to nurture and enhance essential life skills of our students along with their English skills.

Our staff of educators believe in the importance of creating an inviting classroom where students feel happy and comfortable. This helps to lower feelings of stress and increase positive attitudes about learning. By creating a welcoming, supportive, and interesting place for students to learn, our teachers produce the kind of joyful learning environment that can inspire a lifetime of learning for each child.

The lessons at KEA are presented in fun, interesting, and meaningful ways meant to keep the students focused and motivated. Our teachers use body language, gestures, facial expressions, movement, props, and ‘acting out’ to not only assist in student comprehension, but in their overall enjoyment of the lesson. We also use a variety of hands-on manipulatives and digital activities in addition to traditional pencil and paper work when teaching grammar, spelling, and phonics. While the English lessons are meant to be fun and exciting, they are also fully structured and planned lessons that are differentiated from playtime.

Our teachers provide frequent opportunities for our students to use English outside of the more structured activities in order to make English more meaningful to our students’ lives. Students are encouraged to use English as much as possible to express their ideas, feelings, and wishes, just as they would in their mother language.

OUR STANDARDS AND GOALS FOR STUDENTS

As a former teacher in American elementary schools, our program director has developed a curriculum that uses the exact same reading, writing, phonics, and phonemic awareness standards as children in classrooms in the United States. At KEA, we follow the California Common Core State Standards for English Language Arts. Our students learn in the same way as their counterparts overseas, with the only difference being an emphasis on vocabulary acquisition as part of the curriculum.

We believe that involving family and friends in our students’ English education helps to make the language more ‘real’ by expanding outside the boundaries of the classroom. We encourage and support parent involvement by sending home, each week, a ‘What We Are Learning’ sheet that shows exactly what vocabulary, phonics, sight words, and sentence patterns our students will be studying. While our lessons are conducted entirely in English, Japanese translations are included on these sheets to aid the parents’ understanding of the material.

At KEA, we use original assessments created to gather and analyze what the students know, understand, and can do. Our assessments are part of an ongoing cycle that aids in planning, documenting, and evaluating our students’ progress. In order to maximize learning opportunities, our curriculum is not bound by an agenda and is adjustable based on the learner’s needs uncovered by our assessments.

While we do not use standardized tests, such as EIKEN, as a goal or a way of assessment, we understand the desires of families who have that target in mind and offer practice and support in preparation for such tests. With the skills learned at KEA a graduating student will be prepared to pass the EIKEN Grade 5-4 test and be at a CEFR level of A1-A2. However, by moderating the outside pressures of tests and evaluations, we create a stress-free environment that helps keep motivation coming from within the students themselves.

Inquiry-Based Leaning 探求学習

・Inquiry-based Learning (IBL)ってなに ?
Inquiry-based Learning(探求学習)とは、子ども達が主体的に課題を見つけ、 その課題を探求的に学習する、近年注目されている学習活動の一つです。学習者 には①課題を設定する力、②課題解決に向けて、情報を収集・整理・分析する力 が備わります。周囲とコミュニケーションを取りながら、協働的に進めていくた め、③まとめ・表現する力も育まれます。これからの社会を生き抜くにあたって とても重要視されている学習活動です。
日本だけでなく、国際社会の急速な変化に伴い、世界が求める学力が変わって きました。これからの教育では、知識をどれだけ持っているか以上に、自分が持 っている知識をどう活かすか、どう思うか、つまり、より実社会で実践できる能 力を身につけられているかが問われています。探求学習はビジネスでいう、 PDCAサイクルのようなものです。幼児期から「自分で課題をみつけ、解決に向 けて行動する」→「立ち止まり経験を振り返る」、これが「Inquiry-based Learning(探求学習)」で、幼児期にこそ取り組むべき学習活動です。

・KEAでのInquiry-based Learning  (探求学習)の流れ

⒈子ども達は「ふしぎ」を見つける天才︕ (課題設定・Problem・Plan・Decide)

続きはコチラ

子ども達にとっては、すべての出会いが「初めて」です。 子ども達の世界はドキドキとワクワクでいっぱいです。そん な子ども達のスクールの日常には「これなに」「どうして」 「やってみたい」などの言葉があふれています。私たちエデ ュケーターは対話を通してその言葉を拾い、一緒に探求マッ プを作り、「課題設定」をしていきます。

⒉調べてみよう! (情報の収集・分析・Observe)

文字がまだ読めない子ども達には絵本を読んであげたり、動画を一緒に見たりして情報収集のサポートをします。文字が読めるよ うになったら、日本語だけでなく、英語の絵本や動画にも触れる機会を作り、子ども達は自ら情報を収集するようになります。英語 での情報を活用することによって、同じ事象にも異なる見方や視点があることに気づかされます。幼児期からその習慣を身につける ことにより、より多様な考えを持つことができるようになります。KEAでは世界のさまざまな国から来た先生と接するチャンスがた くさんあります。特に日本は単民族国家の歴史が長くあり、諸外国に比べ、多様性に関する教育が遅れていることが問題視されてい ます。今後ますます多様化していく社会の担い手となるには、幼児期から多様な価値観に触れること、多様な文化を知る経験は大変 貴重です。そして、多様性を身につけてこそ、自分の考えや自国の文化について表現できるようになるものです。KEAでの探求学習 では、このような文化の違いにも着目していきます。

⒊やってみよう(行動・Do・Act)

対話を基本としたSTEAM教育等を通して、設定された「課題」に取り組みます。
【学年別具体的な活動内容例】
K1 (年少)
K1 では「土台づくり」をキーワードに、スクール生活に慣れることを優先的に考えています。スクールが安心できる居場 所になるよう、エデュケーター一同、丁寧に子ども達に寄り添い、つながりをしっかりと作ります。そしてエデュケーター とのつながりができたら、今度は子ども達同士のつながりを作れるよう促します。スクールではご家庭とは違い、たくさん の子ども達と一緒に過ごします。社会性を身につけるため、みんなで一緒にごっこ遊びや、ブロック遊び等をし、「遊び」 を通して社会性を身につける活動を展開しています。エデュケーターは、その「遊び」の中から子ども達の行動、表情、言 葉を丁寧にくみ取ります。さらに、机に向かった学習にも少しずつ慣れるように促し、クレヨン、絵の具、粘土などを使っ た活動も取り入れていきます。

K2(年中)
K1でしっかりとした土台づくりをしてきた分、「好奇心を形に」をキーワードに、主体的で、より高度な活動を始めてい きます。エデュケーターは子ども達に、様々な活動を紹介したり促したりします。ここでは大人が望むような活動を「させ る」のではなく、課題に沿った活動をいくつか紹介し、子ども達が自ら選択し(自己選択)、そのアイデアを具現化できる ようサポートします。

K3(年長)
小学校進学に向けて「深い学び」をキーワードに、さらに高度な活動に取り組みます。子どもに理解できるのかと心配さ れる活動もあるかもしれませんが、子どもの育つ力は大人が考えている以上です。子ども達にできるだけたくさんの「質の 高い活動」を提供し、大いに学習を楽しんでもらいます。教育の質とは、子どもの「経験の質」であると私たちは考えてい ます。一つの経験がさらなる経験への好奇心となり、より深い学びが起きるよう、しっかりとサポートし、小学校への進学 へと自信をもって進められるように過ごします。

⒋できた、楽しかった♪(振り返り・Check)

探求学習の学びの締めくくりは「振り返り」で、とても重要な活動です。子ども達にとって「課題設定」は自然で、「活動 」は楽しいものです。「学び」として大切なことは、その「活動」を通して自分自身がどう思ったか、失敗した時は何が原因 だったのかを追求すること、そこにこそ「学び」があります。そして、自分とは違う意見、考えを持った友達はどう感じてい るか、それを共有することで「社会性」「多様性への理解」が身につきます。それはご家庭での「遊び」とは違い、集団の中 に身をおくことでこそ備わる力です。KEAでは、Show and Tell(発表)、Debate(話し合い)、Reflection Note(まとめ ノートづくり)を利用し、エデュケーターとの対話によって、より深く広く考えられるよう促し、次の課題設定へとつなげて いきます。
K3ではさらに、アカデミックな内容にも取り組んでいきます。小学校進学に向けて、文字や算数活動も積極的に取り入れて いきます。文字は本来、何かを他者に伝えるために作られました。しかし、幼児教育ではこの「文字」をどれだけ習得してい るかで知的能力を測ろうとする傾向にあります。これでは、子ども達は学習の楽しさを実感することができなくなってしまい ます。どれだけ知っているかではなく、その「文字」を使って本を読む楽しさ、自分の考えや思いを伝えられる楽しさを味わ ってこそ「文字の学習」の成果があったと私たちは考えます。この「振り返り」では、文字を使って伝わる嬉しさも子ども達 に味わってほしいと考えています。

5.そしてまた、「課題設定(Action)」へと繰り返されます

私たちエデュケーターは子ども達のファン第一号︕ 子ども達は好奇心の塊。私たち大人はいつも子ども達の発想には驚かされています。今しか感じることのできない、今しか聴 くことができない子ども達の声を一つひとつ丁寧に拾い、できるだけ深い学びへつながるお手伝いをしています。

Digital Literacy デジタルリテラシー

生まれたときからデジタルな世界に囲まれて生きている子ども達にとって、テクノロジーを理解し、使いこなす力は避けては通れない道と考えます。テクノロジーを安全に使うことや、何が出来るのかを知ることが、これからの時代の担い手となる子どもには必要です。AIやVRが進化し、想像して作れないものはないほど、デジタル世界の可能性は無限大です。 子ども達が大人になる頃には、あらゆる業界でデジタルの知識を使い、新しい物やサービスを作り出す社会になることは明らかです。KEAでは、一人1台のタブレットやデジタル機器を使い、英語でその広い世界を紹介していきます。

Multiple Choices 選べる卒業後の進路

KEAは、文科省の「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」に沿った指導を行っています。私達のこれまでのインターナショナルスクールでの指導経験から、是非取り入れたいと考えていたことが、日本の幼児期の教育にある手法だったからです。卒園後には、日本の私立・公立校、インターナショナルスクール、いずれも選べる選択肢となるでしょう。しっかりと日本の教育も補っていきます。日本の社会に求められる知識や習慣、日本語の豊かな語彙で表現する力、日本が誇るマナーや自律のマインド、日本らしい丁寧で細やかな気配りも、経験豊富な保育士、幼稚園教諭、小学校教諭などの有資格者がサポートしています。

 

Parental Support  ご家庭との連携

・普段の生活を丁寧に
私たちは幼児期という、一番大切な時期を共に過ごしていることを理解しながら子ども達と関わっています。 人間形成、学習習慣の基盤を作る為のとても重要な土台は、基本的な生活習慣が確立しているということです。 基本的な生活習慣の確立とは、「自分の身の周りのことが自分でできる」ようになること「規則的な生活習慣が 身につく」ということ。それは、日々の積み重ねであり、丁寧な繰り返しです。この時期を外してしまうと、よ りよい生活習慣が定着せず、逆に好ましくない習慣が形成されると、後の修正が困難となってしまいます。良い 習慣を身につけるためには、スクールだけでは足りません。スクールとご家庭との連携を密にとり、必要な時は 生活習慣の見直しや指導、サポートをさせていただくことがあります。KEAは、お子さまの豊かな未来を創造す るためのパートナーとお考え下さい。

・子どもにとっての最高の居場所
子どもにはいつでもありのままの自分を受け止めて、認めてくれる環境が必要です。信頼できるスタッフが そばにいること、安全かつ安心して過ごせるスクールであることで、子どもは、自己を最大限に発揮でき、自 己肯定感が高まります。また保護者の皆さまにとっても、居心地のよい家庭の延長の場所でありたいと思って います。

・保護者との連携ʼParentingʼ
質の高い教育に向かうためには、スクールとご家庭との連続性が重要です。急速に変化する時代においては、 広い視野をもって子どもの未来を考える必要があります。KEAでは、Parentingという保護者向け講座を展開し、 保護者の皆さまにも学び手となっていただきます。ご一緒にお子さんの豊かな未来を考えていきましょう。