子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー 神戸で英語保育、英語幼児教育をお探しなら

神戸のプリスクール【KEA】について

こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです!

15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前の時代を生きていく子どもたちに必要な英語力と生きる力を育てるための知識を紹介するブログ

 

神戸に住んでいて、子どもを一日預かってもらって、英語を学ばせたい。

でも、こんなお悩みはありませんか?

☑いろんなところがあって、どこを選んだらいいかわからない。
☑英語だけでなく、日本語も学んでほしい。
☑連絡事項や子どもの様子は日本語で教えてほしい。

 

このようなお悩みや希望をお持ちの方のご参考になるのではないかなと思います。

 

自分の子にあったスクールがわからない!

 

神戸にはインターナショナルスクールや、English Preschool、子ども英会話スクールなど、子どもが幼少期から英語を学べる学校や、施設がたくさんありますよね!

では、自分の子どもにはどんな英語教育があっているのでしょう??

 

インターナショナルスクール

 

インターナショナルというお名前の通り、国際色豊かで、多様な文化に触れることができます。レッスンも、お友達との会話ももちろん英語です。そのため、英語力はとても高い子が多いです。

街で見かける子どもたちも、日本人であってもなんとなく雰囲気が違って見えますね。立ち振る舞いでしょうか・・・?自信に満ち溢れている感じがします。

ただ実際、お子様をインターナショナルスクールに入れて、私に相談される方の多くは、子どもの日本語能力の低さと、日本人離れした感覚です。

日本語は世界でも上位に入る、難しい言語と言われています。何気なく日本語で話しをしているので、その価値や難しさは実感しにくいですが、小さなころから漢字や助詞など、「国語」を勉強した、努力の賜物なのです。(もちろん、インターナショナルスクールに通っていても日本語の能力の高いお子様もいらっしゃいます。)

「日本人離れした感覚」と聞くと、かっこよく聞こえますが、例えばご飯の食べ方や、座り方など、ほんとに小さな細かい仕草から現れるのだと思います。これは、インターナショナルスクールは多様な文化を尊重するため、日本だけのルールを教えることができないためです。

例えば以前、上司を前に足を組んでいた後輩を注意しました。彼は帰国子女だったので、アメリカのリラックスした姿を見せる習慣をただ取っていただけなのですが、日本では失礼に当たります。どちらがいいか悪いかではなく、「違う」のです。ただ、日本で育つのであれば、それは日本ではいけないことだと教えてあげる必要がありますよね。

そして、お手紙や連絡がすべて英語のため、保護者の方は通訳・翻訳を頼まないといけなくなり、お子さまのスクールでの様子がわかりにくいと困ってる方もいらっしゃいました。

つまり、インターナショナルスクールへお子さまを進学されるご予定の方は、高い英語力は期待できますが、ご家庭で思考力を育てること、「日本語」や日本の文化の学習などフォローをしっかりとしてあげる、そして保護者の英語力がある程度必要そうです。

 

English Preschool

 

イメージとしては、認可外の保育園、英語バージョンのような感じでしょうか。

認可外=悪い物というイメージも少ならからずありますが、外国人スタッフが保育士の資格を取るのはかなりハードルが高いので仕方ないところがあります。なので、単純に認可外=悪ではありません。

ただ、認可外になると国の審査基準を満たさないところも多くあるので、大事なお子さまを預ける場合は慎重に検討が必要かと思います。

どこでいいスクールかどうかを判断するかは、一概には言えませんが、教育方針、給食の内容、施設の清潔感などありますが、私は先生と子ども達の雰囲気かなぁと思います。

どれだけ素晴らしいことをホームページに書かれていたり、案内する人が言っていても、結局子どもと一番長く過ごすのは現場の先生です。現場の先生が、子ども達とどのように接しているのかを見て、自分の子もそう扱われることに安心するのか、不安を感じるかだと思います。

 

子ども英会話スクール

 

子どもが英語を習い始めるのは、週に1、2回、1時間弱の英会話スクールが一番主流ではないでしょうか。習い事の人気トップ10には英会話が常連ですよね。さらに、コロナの影響によって、子ども英会話にもオンラインレッスンがでてきました。

ただ、私たち保護者世代でも、英会話は人気の習い事だったと思います。でも、周りに「英語がはなせるよ!」という人はどれくらいいるのでしょう・・・。

たった1週間のうち、数時間英語に触れるだけだと、やはり子どものうちから「話せるよ!」のレベルにまでしようと思うと、ご家庭での努力がかなり必要になってきます。

 

実際、週一の英語の先生していた私の体験談

 

どんなことでもですが「好きこそものの上手なれ」、子どもの成長には子ども自身の興味が大きく影響します。お家でも宿題をやる、英語の映画を見る、絵本を読む、音楽を聴くなど、どれだけ触れているかで成長の差は大きく変わってきます。

そのため、英会話スクールに通わせて、高い英語力を身に付けさせたい場合、しっかりとお家でフォローしてあげたり、興味を持たせる工夫が必要です。英会話スクールに任せきっていては英語力は身につきません。

ただ、私自身は小学校高学年頃から文法を学ぶ塾と、外国人の先生と遊ぶだけの、週に2回の英語経験で、現在コミュニケーションはとれるレベルまであります。なので、決して週に数回のレッスンでも全然遅くはありません。(ただ、子どもたちにはもっと自信をもって話せるレベルにまではなってほしいというのは私個人の願いです(笑))

 

どっちも・・・と感じるあなたは、KEAにお任せください!

 

理由その1、高い英語力が身につきます

 

スクールでは基本的に英語で過ごします。もちろん、新入生には英語に慣れるまで日本人スタッフが寄り添いますが、子どは順応性が高く、ほとんどの子どもは英語だけで日中過ごすことになれるのが早く、私たちも驚かされます。

特に、英語を母語としない子どもに英語を教えるために、個別最適化された英語プログラムで、お子さまの英語力をしっかりと育てます。

理由その2、日本の、「子どもに育ってほしい10の姿」を育てます

 

簡単に、日本の幼稚園、保育園、こども園では、文部科学省からこんなふうに教育・保育してくださいねと指針があります。そこに示されているのが、この「10の姿」です。

(1)健康な心と体
(2)自立心
(3)協同性
(4)道徳性・規範意識の芽生え
(5)社会生活との関わり
(6)思考力の芽生え
(7)自然との関わり・生命尊重
(8)数量・図形、文字等への関心・感覚
(9)言葉による伝え合い
(10)豊かな感性と表現

日本では、幼児教育従事者(特に保育士)は「ただ子どもと遊んでるだけでしょ」と軽視されることも少なくありませんが、この10の姿を育てるために様々な質の高い活動を準備しています。

特にKEAではIBL(探求学習)のレッスンの中は日本語でしっかりと子どもたちと対話を通して、子どもたちの思考力を育てます。

理由その3、日本人スタッフが保護者に寄り添います

 

連絡事項や、子どもの様子、保護者面談などは日本人スタッフが担当いたします。英語は自信がないという保護者の方もご安心ください。

はじめての子育てという方も少なくないと思います。個性豊かな先生たちばかりですので、クラス担任でなくても、子育ての悩みや不安をどんどんスタッフにご相談ください!

もちろん、外国人スタッフもフレンドリーでやさしいスタッフばかりですので、どんどん話しかけてくださいね!!面談等も、外国人スタッフをご希望でしたら、喜んで対応させていただきます!

 

今回のまとめ

 

どんな英語教育施設を選ぶかはご家庭の環境や、今だけでなく、これからお子さまが大きくなられてからのご家庭の教育方針、そしてその子の姿を見て決められることが一番いいと思います。

例えば、日本人と外国人のご両親のご家庭と、日本人同士のご両親のご家庭では言語バランスが違います。将来海外に移住する予定があるから、早急に英語力を高めないといけない。子ども自身がとても英語に興味を持っているが、小学校や中学校は日本の小学校に行かせたい。

このように、各ご家庭にそれぞれの事情や、描く将来の絵は違うと思います。

KEAは、神戸にお住まいで、高い英語力と日本の丁寧な教育を求めていらっしゃるご家庭にピッタリです!!

 

今なら4月開校に間に合います!

 

KEAはこの4月からリニューアルオープンいたします。

今でしたら4月からの開校に間に合います!

若干数の空きのあるクラスもありますので、お早めにメールかお電話でお問い合わせください。

お電話はこちら 078-392-7017