子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー 3歳までの英語教育

神戸のプリスクール【KEA】について

こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです!

15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前の時代を生きていく子どもたちに必要な英語力と生きる力を育てるための知識を紹介するブログ

 

子どもには英語が話せるようになってほしい!!

 

そう願う保護者の方も多いのではないでしょうか。

 

でも、こんなお悩みはありませんか?

 

☑まだ小さいし、本格的にはまだまだ早いかなぁ?
☑家でしてあげたいけど、自分が話せないし・・・

 

このようなお悩みをお持ちの方、特に今回は3歳ごろまでの英語教育にご興味のある方に、ご参考いただけるのではないかなと思います。

 

子どもには英語が話せるようになってほしい!

 

「英語が話せるのが当たりまえの時代」を生きる子どもに英語が話せるようになってほしいですよね。

人気の習い事の上位には常にランクインしている「英会話」。(サイトによっては1位のところもありました。)

しかし、私たち親世代が子どもの頃も「英会話」は人気の習い事だったように思います。その中で「英語が話せるよ」と自信をもって言える人は何%になるのでしょうか・・・。(エビデンスはありませんが、私の周りには残念ながらあまりいないです。)

それなのに、今までと同じような英語教育でいいのでしょうか。

 

このブログでは、生まれてから3歳までのお子様にできる英語教育について書きたいと思います。

 

「英語教育をいつスタートさせるか?」については以前のブログを参照ください。

子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー 子どもに英語教育をさせたいけど、いつからがいい?
こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです! 15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前...

 

上のブログにも書いたように、3歳までは英語教育よりも、思考力を育てることを意識してください。

一番近い存在にある保護者からの愛のこもった言葉が子どもの思考力を育てます。

もし、ご興味がありましたら、こちらの本をお勧めいたします。↓↓↓

 

実際、私が娘にしてきたこと

 

実は、うちの娘には4歳まで一切の英語教育はしませんでした。

ただ、英語が自然に身の回りにある環境づくりはなんとなくできていたと思います。

たとえば、私の仕事柄友人が外国人であったり、音楽は洋楽、映画は英語で観ていました。

そのためか、外国の方に対してや、英語教育に抵抗もなく、4歳からの英語教育も自然と身についていったようです。

 

3歳までの子どもに、家でもできる英語教育 3つ

 

ではでは、お家で誰にでもできる、英語教育の準備をご紹介したいと思います。

(「その1」は、地域によっては難しいかもしれません。すみません。)

 

その1、外国の方と会う機会を作る

 

英語教育をスタートする際に、子どもにとって一番ハードルが高いのが、海外から来た方に慣れることです。

近年、日本でも海外から来た方や、ハーフや、MIXと呼ばれる方を見かける機会はとても増えました。それでもやはり周りを見渡してもアジアの特徴を持つ日本人が多いと思います。特に都心部ではない地域に住んでいると、なかなかお会いする機会もないかと思います。

肌や目、髪の毛の色の違う方を見ることが初めての子どもにとっては緊張してしまうのは当たり前です。特に敏感な子にとっては、英語どころではありません。

英語教育を始めるよりも、世界を知る、違いを知ることはとても大切です。

 

その2、多様な音を聞く

 

英語嫌いの日本人の多くは「英語の音に慣れていない」ことも多いです。

その理由の一つは、日本語の文字はすべてに母音が付きます。それに比べて英語は子音だけの場合があります。

例えば、船の「ship」を日本語読みすると、「shi-pu」と、「p」に「u」がつき、「シップ」になります。文字で表現するのは表現が難しいのですが・・・。

英語では「p」だけでOKですが、日本語で表すと必ず「p」のあとに「u」を付けて「プ」と読みます。

このような音の違いに慣れることが、英語の聞く力を育てます。

「各部屋にいろんな言語を常に流していたら、子どもが多言語を使いこなせるようになった」という話も聞いたことはありますが・・・。各ご家庭にどんな言語をどのくらい話せてほしいかの目標は違うと思いますので、私は保護者のストレスにならない程度にされたらいいと思います。

ちなみに、私は英語の音楽や映画を一緒に娘と楽しんだ程度です。

 

その3、多様な物を見せる

 

アニメや、グーグルマップでお散歩などなど、お子様が好きそうなもの、保護者の方が好きなも、なんでもいいんです。

例えば、私はもともとディズニーのアニメが好きで、娘と一緒になって観ていました。娘のお気に入りは「美女と野獣」です。この話の舞台はフランスで、娘は小さなころからフランスに興味を持ちました。そしてまた別の「ミラキュラス」というアニメにはまり、その舞台もたまたまフランスでした。そんなことから娘はフランスに興味を持ち、「ルーブル美術館」やフランスの食べ物などを自分から調べるようになりました。

どんな事から子どもの世界が広がるかはわかりません。親はその世界が広がるよう、様々な体験をさせてあげること、そしてそこから世界が広がることをお手伝いしてあげることが大切だと思います。

そして、その世界とつながるために大切なのが英語をはじめとした言語、コミュニケーション能力だと思います。

 

KEAでは3歳以下のお子様と、外国人の先生とのふれあいの時間を大切にします

 

上では、お家でもできる、3歳以下のお子様のための英語教育3つをご紹介しましたが、「その1、外国の方と会う機会を作る」は、環境によってはなかなかハードルが高いという方もいらっしゃるかと思います。

神戸にお住まいの方はぜひぜひKEAにお越しください♪

KEAでは、子どもが大好きな外国人の先生がお待ちいたしております。

英語が話せない保護者の方も、ご心配いりません。日本人保育士がサポートいたします。お子様と一緒に「Hello!」からはじめましょう!!

Baby Class、Pre-K1 Class、Pre-K2 Class でお待ちしています

 

KEAでは、3歳のレギュラークラスに入学される前の6か月~2歳までのお子様向けのプログラムをご用意しております。

*6か月~のお子様向けのBaby Class (9月ごろ開講予定)

*1歳~2歳までのお子様向けのPre-K1 Class

*2歳~3歳までのお子様向けのPre-K2 Class

5月以降、順次3クラスの開講を予定しております。

レッスン内では、外国人の先生と日本人の先生がペアとなり、英語の歌や遊びを通して楽しく英語に触れあう時間を作ります。

はじめての子育てでいろんなご不安をお持ちの保護者の方も、ぜひそのお悩みを保育士や、同じような悩みを持つ、保護者の方々とシェアをしてください。

子育てって意外と他の子育てされている保護者の方とお話すると、「え!?そんな方法あったの??」「そんなに頑張らなくてもよかったんだ・・・。」と、ちょっと子育てが楽しくなるアイデアが見つかったりしますよ!

 

今回のまとめ

 

3歳までのお子様へは「英語教育」よりも、保護者からの愛情たっぷりの言葉のシャワーを!

でも、KEAでは3歳から始まる英語教育に向けて、外国の方に慣れる、日本だけでなく広い視野を育てる準備をしておくこと。

そして、3歳からは楽しくコミュニケーションとしての英語を学ぶことが大切。

お子様の英語教育は全てKEAにお任せください!!!

 

今なら4月開校に間に合います!

 

KEAはこの4月からリニューアルオープンいたします。

今でしたら4月からの開校に間に合います!

若干数の空きのあるクラスもありますので、お早めにメールかお電話でお問い合わせください。

 

 

お電話はこちら 078-392-7017