子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー 3歳からの英語教育

神戸のプリスクール【KEA】について

こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです!

15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前の時代を生きていく子どもたちに必要な英語力と生きる力を育てるための知識を紹介するブログ

 

子どもには英語が話せるようになってほしい!!

 

そう願う保護者の方も多いのではないでしょうか。

 

でも、こんなお悩みはありませんか?

 

☑まだ小さいし、本格的にはまだまだ早いかなぁ?
☑家でしてあげたいけど、自分が話せないし・・・
☑何から始めたらいいの?

 

このようなお悩みをお持ちの方、特に今回は3歳ごろからの英語教育にご興味のある方に、ご参考いただけるのではないかなと思います。

 

子どもには英語が話せるようになってほしい!

 

「英語が話せるのが当たりまえの時代」を生きる子どもに英語が話せるようになってほしいですよね。

人気の習い事の上位には常にランクインしている「英会話」。(サイトによっては1位のところもありました。)

しかし、私たち親世代が子どもの頃も「英会話」は人気の習い事だったように思います。その中で「英語が話せるよ」と自信をもって言える人は何%になるのでしょうか・・・。(エビデンスはありませんが、私の周りには残念ながらあまりいないです。)

それなのに、今までと同じような英語教育でいいのでしょうか。

 

このブログでは、生まれてから3歳ごろからのお子様にできる英語教育について書きたいと思います。

 

実際、私が娘にしてきたこと

 

実は、うちの娘には4歳まで一切の英語教育はしませんでした。

娘が年中に上がる年に、KEA(元Little Sprouts English Preschool)を開校することになり、娘を連れて出勤するようになったのが、娘の英語教育の始まりです。

それまでは「ABC」すらわからない状態でした。私が英語で話しかけても一切英語を話さなかったので、通わせているときも家での英語教育はゼロです。

そんな娘が通いだして半年でメキメキと英語力を身に付けていったのには、親の私も驚きました。同僚のRobb先生には感謝と尊敬です。

↓↓↓こちらが半年ほどたった時の娘のReadingの動画です。

英語の本読み

3歳ごろからの、家でもできる英語教育 4つ

 

ではでは、お家で誰にでもできる、英語教育の準備をご紹介したいと思います。

その1~その3までは「3歳までの英語教育」のブログに書いてますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

その1、外国の方と会う機会を作る

その2、多様な音を聞く

その3、多様な物を見せる

子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー 3歳までの英語教育
こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです! 15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前...

 

この3つは「英語教育」の基本で続けてください。

そして、3歳からはこの3つに加えて・・・

 

その4、フォニックスの練習

 

子どもによって、個人差がありますが、3歳ごろになると文字に興味を持つ子も多くなってきます。

日本語と並行して、楽しくABCの学習をスタートさせる一つのタイミングとなると思います。

その際、言語を習得する順番は「聞く、話す、読む、書く」の順番が大切です。3歳からは、「聞く、話す、読む」に重点を置きましょう。

言語の習得は目に見えるものが少なく、とても不安になるとは思いますが、間違えても子どもへの英語教育は、「書く」を重要視しないでくださいね!!!

「書く」行為は大人にとっては当たり前のことかもしれませんが、身体的に未発達な子どもたちにとっては指先を使う行為は本当に難しいです。それを強制すると、「英語教育」にネガティブなイメージがついてしまう恐れがあります。そして、一度ついてしまったネガティブな感情をポジティブにするのは大変です。

 

ABCの練習の次は、フォニックスの練習を始めましょう♪(歌などで並行して学習することも問題ないです。)

YouTubeなどで「Phonics」と検索したら、かわいいPhonicsの歌の動画もたくさん出てくるので、ぜひぜひ保護者の方も一緒に見て楽しんでください。

Phonicsは成果がわかりにくく「遅い教育」の一つです。そのため、早く成果のほしい方はもどかしく感じるかもしれませんが、日本語で言うと「ひらがな」のようなもので、「英語教育」の基本中の基本です。Phonicsを定着させることで、難しい単語も音が理解でき、読めるようになります。発音もきれいになるので、子どもに英語教育をされるならPhonicsは必須です!!

 

KEAでは3歳から本格的に英語教育をスタートします

 

KEAでは、3歳から(年少さん)の年から日中お預かりをし、本格的に英語教育をスタートさせます。なぜ、3歳(年少さん)からのスタートかというのは、↓↓↓下の「英語教育をいつスタートさせるか?」のブログをご覧ください。

子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー 子どもに英語教育をさせたいけど、いつからがいい?
こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです! 15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前...

 

Phonicsの学習は一文字一音の練習はYouTubeでもできますが、その後の二文字のPhonicsや、Magic Letter Eなど、とても複雑になってきます。日本語にはない「R」や「th」を教えるのは、英語のできない保護者にはかなりハードルが高いですよね。

さらに、Phonicsを覚え始めたら、それを組み合わせて単語を読む練習もしなくてはいけません。

でも、KEAにお越しいただければ、全てスクールで学習ができます。

 

レギュラークラス

 

月曜日~金曜日の週5日、8:30(登校時間30分)~14:30で、年少さんから年長さんをお預かりしております。

日中は基本英語で過ごし(IBLや、行事によって日本語を使用します。)、英語のレッスンでは英語の4技能をバランスよく学習します。

 

レッスンの外でも、子どもたちは大好きな先生に英語で自然と話しかけ始めています。

 

レギュラークラスへはご都合の合わない方へ

 

レギュラークラス以外にも、アフターClass、サタデーClassも開講しております。

 

アフターClassの魅力につきましてはまた改めてブログを書きたいと思います。

サタデーClassにつきましてはこちらのブログをご覧ください。↓↓↓

土曜日に短期留学!?
お住まいの場所から遠くて、毎日は通えない!という方! 諸事情により毎日は難しいという方!! ご安心ください!! 土曜日だけ開校している、Saturday Classがあります♪ どんな方にお勧め? お住まいの場所から遠...

 

今回のまとめ

 

3歳からのお子様へは、コミュニケーションを大切に、そして3歳までの「英語教育」に「読む力」を付けるためのPhonicsの学習に力を入れる!

 

3歳からの本格的な「英語教育」はぜひKEAにお任せください!!!

 

今なら4月開校に間に合います!

 

KEAはこの4月からリニューアルオープンいたします。

今でしたら4月からの開校に間に合います!

若干数の空きのあるクラスもありますので、お早めにメールかお電話でお問い合わせください。

 

 

お電話はこちら 078-392-7017