子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー バイリンガルに育てるためにまずやること

神戸のプリスクール【KEA】について

こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです!

15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前の時代を生きていく子ども達に必要な英語力と生きる力を育てるための知識を紹介するブログ

 

子どもをバイリンガルに育てたい!

 

 

でも、こんなことに困ってはいませんか?

 

☑ 何から始めたらいいの?

 

お子さまをバイリンガルに育てたい!

そう願う保護者の方も多くなってきました。

 

ただ、私が育てたいのはただ英語が話せるだけのバイリンガルではありません。

頭のいい、バイリンガルでなければバイリンガルに育てる意味がない!!!と思っています。

 

バイリンガルに育てるための種まき

 

3歳までの英語教育についてはこちらのブログをご覧ください。↓↓↓

子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー 3歳までの英語教育
こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです! 15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前...

 

上のブログにあるように、まず必要なことは「愛情たっぷりのシャワー」と、3つの英語への興味を育てる種まきが大切です。

その1、外国の方と会う機会を作る

その2、多様な音を聞く

その3、多様な物を見せる

 

今回はこの「その1、外国の方と会う機会を作る」について具体的にお話していきたいと思います。

 

外国の方と会う機会を作る

 

このコロナ禍で、外国の方と出会う機会を作ることが難しくなりましたね・・・・。

 

以前では神戸でも外国からの観光客や学生の方が多くいらっしゃいましたが、最近では外国人どころか日本人の観光客の方もチラホラといった感じです。

コロナだから仕方ないのですが・・・時間が止まっているわけではないですし、子どもの成長も待ったなし!

ということで、このコロナ禍でできる「外国の方と会う機会を作る」を少しご紹介したいと思います。

 

その1、「国際交流 ○○」と検索する

 

「国際交流」のあとにお住まいの地域を入れてください。

 

お住まいの地域によっては、「市」などが主催になっている国際交流のイベントなども開催されています。

大きなイベントはお休みになっていたとしても、今も日本に住んでる外国人は多くいらっしゃるので、ボランティアスタッフなど募集しています。

特に、このような非常事態で、異国地に住む外国人はとても不安を抱える方も多くいらっしゃいます。

ぜひぜひ、このコロナ禍だからこそできる国際交流をしてみてくださいね。

 

オンラインレッスン

 

最近では子ども向けのオンラインレッスンも本当に増えてきました。

 

ただ、まだ小さい赤ちゃんだと、オンラインレッスンは難しいですよね。

そこで、保護者の方が頑張る姿を見せるのも一つの方法だと思います。

幼児期の子どもにとって一番身近なお手本は保護者の方です。保護者の方が英語のレッスンをしている姿を見せていると、自然と子どもにとっても外国人の方が身近な存在にはなります。

保護者の方が何を話しているのか興味を持ったら、そのタイミングがチャンスですよね!!

 

洋画をつけておく

 

「外国人と出会う」というところからは少し離れますが、画面上でも見慣れるというのも大切かと思います。

日本、とくに地方に住んでいると外国人と出会う機会は本当に少ないです。そのため、子どもの中には世界には日本人、もしくはアジアの特徴を持った人間しか見たこともないなんてことも・・・。

 

小さなころから多様な世界を知っておくことは、その後の英語教育に大きく影響してきますね!

 

私がやってみてあまりお勧めしない方法

 

最近では国際交流のためのアプリがたくさんありますよね!

 

ご紹介できる範囲で2つご紹介したいと思います。

 

同じ趣味を持った仲間で集まるアプリをしてみました。ハイキングや、子育てサークルなどもあるようで、健全なイメージです。

ただ、関西だと大阪は活動が活発ですが、私が検索していたころは神戸の活動はそこまで活発ではなかったようです。

 

語学交換アプリもいくつかしてみました。中にはまじめに言語交換としてされている方もいらっしゃるかと思いますが、出会い系のような感じでしたね。

 

どちらにしても、アプリで子どもの英語教育のための健全な出会いを見つけるのは至難の業と言えそうです。

 

KEAでは

 

もちろん、完全にクリーンで安全な外国人の先生との出会いを提供しています!

 

これから4月スタートのKEAで、レギュラーで英語を教えてくれる先生の紹介をしたいと思います。

 

Robb(ロブ)

英語のカリキュラムを考えているRobb先生です。

私とは10年以上もの知り合いで、前前職で出会いました。

カリフォルニア大学出身で、現地の先生をされ、その後アフリカと日本で第二言語としての英語を教える経験を経て、現在に至ります。

KEAでは日本人らしい日本人とよく言われ、とても誠実で、信頼のできる先生です。

この写真は8年前のRobb先生と娘です。(若いですねぇ)

 

Kyle(カイル)

はじめて会ったときの印象はサンタクロース♪

その印象が変わらないほど、子どもだけでなく、私たち大人に対しても底抜けに優しいです。

日本には、日本の文化や言葉に興味を持って来ているので、言語に対しての情熱が熱いです!!!ぜひぜひ日本語や英語の疑問を先生にぶつけてみてくださいね!!

 

Mike(マイク)

アメリカのお家でNurseryの施設をされていたそうで、痒い所に手が届くような存在です。

暇さえあれば子どものそばに寄り添っていて、保育士や先生という仕事が天職だと思います。

子どもに対しては積極的なのに、大人の方に対しては人見知りな感じがまたおもしろいです(笑)

きっとMikeの方から話しかけることはレアなので、ぜひぜひ保護者の方から話しかけてあげてくださいね!

 

Roger(ロジャー)

4月のスタートに向けて新しい先生として加わりました、Roger先生です。

この写真からしても威厳あるビジネスマンな感じがしませんか?

面接に来た時は「職種間違えた?」と思うほど(笑)

でも、数か月のお付き合いですが、実は笑顔がかわいく、フレンドリーで、レッスンでは子どもたちの笑い声が聞こえてきます。すっかり子どもたちはRogerになついてます。

これからどんな個性を発揮していってくれるのか、私たちも楽しみです♪

 

今回のまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

他にもアフターやサタデークラスでも、魅力的な先生がたくさんおります。

 

質の高い英語教育を子どもに提供できる先生は本当に貴重な存在です。

KEAではそんな貴重な存在の先生がお待ちいたしております。

ぜひ、KEAにご見学にいらしてくださいね!!!

 

 

今なら4月開校に間に合います!

 

KEAはこの4月からリニューアルオープンいたします。

おかげ様でK1(年少クラス)はいっぱいになりました。空きが出ましたら順次お声掛けさせていただきますので、ご連絡ください。なお、英語が全く分からない状況では途中入会はお断りすることもありますので、ウェイティングリストにお名前を頂戴し、Saturdayクラスや、Afterクラスなどで英語学習をスタートさせることをお勧めしております。

K2(年中クラス)、K3(年長クラス)でしたら若干名の空きがあります。

K2、K3に関しては、すでに周りのお友達は英語が理解できるレベルとなりますの、入学の際には体験入学をお勧めしております。

お早めにメールかお電話でお問い合わせください。

 

お電話はこちら 078-392-7017