子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー 親が英語を話せないとインターナショナルスクールに子どもは入れられない?

神戸のプリスクール【KEA】について

こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです!

15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前の時代を生きていく子どもたちに必要な英語力と生きる力を育てるための知識を紹介するブログ

 

子どもには英語が話せるようになってほしい!

 

でも、こんなお悩みはないですか?

 

 インターナショナルスクールやプリスクールって、英語でお知らせがくるの?
 面談も外国人の先生とするの?
☑ それなら親も英語が話せないとダメ??

 

このように、ご両親の英語力にご不安をお持ちの方にご参考いただけるのではないかなと思います。

 

両親が英語が話せないとダメ?

 

子どもには英語が話せるようになってほしい!

でも、両親が英語が話せないと、インターナショナルスクールやプリスクールでは、全てのお知らせや、先生の保護者対応も英語で?とご不安のある方も少なくありません。

近年では、保護者の方が英語が話せなくても、インターナショナルスクールやプリスクールへの入学することへのハードルはどんどん低くなってきてるのではないかと思います。

インターナショナルスクールと、プリスクールの特徴を踏まえてアドバイスをさせていただきます。

 

そもそも、インターナショナルスクールとプリスクールの違いって?

 

子どもに、一日預けての英語保育(教育)を受けさせたいと思った時に、インターナショナルスクーやプリスクールなどがあります。

その違いはご存知でしょうか。

どちらも一概にいい、悪いはいえませんので、ご家庭の教育方針とスクールの方針と合わせて考え、検討されることがいいかと思います。

 

神戸の英語教育施設をお探しの方はこちら↓↓↓のブログをご覧ください。

子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー 神戸で英語保育、英語幼児教育をお探しなら
こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです! 15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前...

 

インターナショナルスクール

 

そもそも、インターナショナルスクールは、海外から日本に長期滞在する方のためのスクールです。その多くが、アメリカやイギリスのカリキュラムに沿って教育活動がされており、海外色が強いところが多いです。

例えば、休日も日本の休日ではなく、海外の休日に合わせられているので、日本のカレンダーを見ていると学校がお休みだったという失敗もあるようです。

そして、夏休みがかなり長い!夏休みは2か月、冬休みや春休みも数週間というところが多いようです。

しかし、近年インターナショナルスクールに通わせる日本人のご家庭も増えたことから、日本語のサポートが充実しているインターナショナルスクールも増えてきました。

お手紙には日本語訳が載っていたり、面談には通訳を付けてくれたり。有料か無料かも、それぞれのインターナショナルスクールによってサポートのサービスは違いますので、一度問い合わせてみてくださいね!

 

プリスクール

 

一方、プリスクールとは、一般的には日本人のために考えられた英語保育(教育)をする施設のことを表しています。

そのため、カリキュラムは日本人が第二言語として英語を学ぶためのカリキュラムが作られているところが多いようです。もちろん、カレンダーも日本のカレンダーで運営されています。

日本人スタッフが充実していることが多く、保護者フォローは日本人のスタッフがすることが多いですので、親の英語力を心配する必要は全くないところが多いです。

さらには、スクールによっては保育士の資格や、幼稚園、小学校の教員免許を持っている先生も充実しているところもありますので、子育てや学習生活などのご不安なことも対応してくれることと思います。

ご自身の英語力にご不安のある方、日本の丁寧な対応をご希望の方はプリスクールをお勧めいたします。

 

私の周りでインターナショナルスクールへ通わせている保護者の話

 

神戸には様々なインターナショナルスクールやプリスクール、さらには中国系の小学校もあります。

私の知人の子ども達も、その多様な学校生活を楽しんでいます。

以前は、英語ができない保護者の方に通訳や翻訳を頼まれたりもしていましたが、今ではGoogleでお便りは和訳しているそうです。

これからはいろんなデジタル機器が言葉の壁を低くしてくれますね!!

英語保育には親の英語力はあまり気にされなくてもいいのかなぁと思います。

 

KEAでは、両親が英語ができなくても大丈夫!

 

子どもの吸収力は速く、英語力がゼロでも、毎日通っていたらほとんどのお子さまはすぐに英語だけの環境下でも、のびのびと過ごすことができると思います。

ただ、大人はそうはいきませんよね・・・。

間違えたらどうしよう、あぁ外国人の人に話しかけられるだけでドキドキしちゃう・・・なんて話もよく聞きます。

そんな保護者の方はぜひKEAへお越しください!

 

KEAでは、基本的には有資格、経験者の日本人スタッフが対応いたします

 

英会話の講師、インターナショナルスクールで英語保育と日本語講師を経験し、自分の娘をバイリンガルに育てています。その経験から、保護者の様々な子育ての悩みや進路相談、英語教育の支援や相談をさせていただいております。

私だけでなく、日本人スタッフがほぼ、保育士、幼稚園、小学校教員免許有資格で、経験者です。いつも子どもの目線になり、熱い思いをもって子どもたちと毎日ワクワクするような時間を過ごしております♪

もちろん、外国人スタッフもとてもフレンドリーでやさしいスタッフばかりですので、保護者の方とも楽しくお話をされることも多いです。

KEAの外国人スタッフは「日本人より日本人ぽい!」とよく保護者の方に驚かれます(笑)

「日本人ぽい」というのは、言葉では説明しづらいので(悪い意味ではありません(笑))、ぜひぜひKEAにご自身の目で確かめに来てみてください!

 

今回のまとめ

 

子どもには英語教育を受けてほしい、だけどご自身の英語力が不安という保護者の方、プリスクールはもちろん、近年は日本語の対応ができるインターナショナルスクールも増えてきていますので、ご不安はいりませんよ!!!

特にKEAでは、質の高い英語教育と、日本の丁寧な幼児教育と、経験豊富な日本人スタッフが保護者の子育てをサポートいたしますのでご安心ください。

 

今なら4月開校に間に合います!

 

KEAはこの4月からリニューアルオープンいたします。

今でしたら4月からの開校に間に合います!

若干数の空きのあるクラスもありますので、お早めにメールかお電話でお問い合わせください。

お電話はこちら 078-392-7017