子どもを育てる魔法の言葉「あなたはそう感じているのね」

神戸のプリスクール【KEA】について
【2025年度】生徒募集のご案内

こんにちは!Kobe English Academy の事務局です。

Summer Schoolを終え、今週月曜日より2学期が始まり、子ども達は元気に登園してくれています。久しぶりに会う生徒は、「あっ!背が伸びてる!」とか、「少しお姉さんになってる!」と感じさせてくれます。

さて、夏休み明け早々のレッスンの一コマをご紹介します。スクールは、”Kobe English Academy” の名前のとおり、もちろん英語を基本とした日常があります。しかし、それだけでなく、日本語もしっかり身につけることや、日本の文化を学ぶことも大事にしています。下の写真は、K1(年少)クラスになります。

子ども達が未来を切り拓く力を育てる大切な時期であることをいつも念頭に置いてカリキュラムを組んでいます。

 

さて今回は、教育コラム 『幼少期にこそつくりたい「言葉の習慣」』です。

KEAのペアレンティング講座でお世話になっている江藤真規先生のコラムです。

子どもを育てる魔法の言葉「あなたはそう感じているのね」

子どもを受け入れたい。
しかし、子どもの考えに賛成できない。

そんな時、子どもの意見をどこまで受け入れたらよいのか悩みます。
自分の意見をどこまで伝えていいのか、線引きは難しいですよね。

なので、ついつい、「それはダメ!」「あなたは間違っている」と子どもの考えを否定してしまったり、「まあ、仕方ないか」と自分の意見を引き下げてしまったりしてしまいます。

しかし、これでは、伝えたいことが伝わらないばかりか、子どもとの間の信頼関係も崩れてしまい兼ねません。

理想的な伝え方は、「子どもを受容しつつ、自分の意見を伝える」こと。

どうすればいいのか考えてみましょう。

受容的な態度で話を聴く

子どもの話をまずは一旦受け止める姿勢が必要です。
子どもが「そう思っている」のは事実です。

ですから、まずは「あなたはそう思っているんだね」と子どもの思いを受容しながら、話を聴きましょう。

話を聴く際には、自分の心をニュートラルに保つことが必要です。

余計な解釈はつけていないかを確認しながら、「この子はどんな世界を見ているのだろう」と察しながら子どもの話を聴いてみてください。

大好きな親御さんが、自分の話を聴いてくれるだけで、親子の関係は安心、安全な関係となるでしょう。

自分の考えはI(アイ)メッセージで伝える

親子の関係は上下の関係ではありません。

ですから、「あなたの言うことは間違っている」「あなたはまだ子どもだから知らないのよ…」このような気持ちで自分の考を示してしまうと、子どもの耳には何も入らなくなってしまいます。

そればかりか、「お母さんは何もわかってくれない」という寂しさや「どうせ自分は駄目なんだ」と、自己評価の低下だけが残ってしまい兼ねません。

ですから、子どもに自分の意見を伝える際には「お母さんはこう思うよ」とI(アイ)メッセージで伝えることがおすすめです。

そう考える「理由」も説明すれば、更に伝わりやすくなるかもしれませんね。

「お母さんはこう思うんだ、なぜならね…」このように自分の意見を伝え、その上で再び子どもの気持ちを聴いてみましょう。

最終的にはどうするかは、子どもが決定する、あるいは親子で決めていけると良いですね。

共感と同感を分けて、相互尊重の関係性を築く

子どもの意見をすべて受け入れる必要はありません。

何でも賛成する必要もありませんしかし、子どもがそう感じているということには「共感」することをおすすめします。

そう感じている事実は「理解」してあげたいものです。

「あなたはそう感じているのね」

共感と同感を区別して考えれば、自分と異なる考えを示したときに、こんな言葉が使えそうです。

そして、「あなたはそう感じているのね。お母さんは、こんな風に考えるんだ……」と、その後にご自分の考えを伝えてください。

お子さんの前向きな思考、柔軟な思考を持つことができるようになるはずです。

記事執筆 
KEAプログラムコーディネーター
江藤真規

https://saita-coordination.com/

株式会社サイタコーディネーション代表取締役
(サイタコーチングスクール主宰)
博士(教育学)
アカデミックコーチング学会理事

公益財団法人民際センター評議員
一般財団法人教育振興財団理事

さて、いかがでしたでしょうか。

「共感」と「同感」を区別し、心のニュートラルを保ちながら、子どもの話を聴くこと、私たちも子どもと接する時この姿勢を大事にしたいと思います。

 

最後に、KEA Junior、Daily Classの2024募集内容をご案内いたします。ぜひWebsiteにもアクセスしてください!!

KEAへのご入学をご検討の皆様へ

2024年度【KEA Junior】募集要項

対象年齢 2021年4月2日〜2022年4月1日生まれ
保育時間と定員 ・週5日クラス
・週3日クラス(水木金)
・週2日クラス(月火)
*時間は、全て8:45~14:45(ランチは、スクールから提供)
*各クラス定員8名(最大定員16名)
願書提出期間 1次締め切りは、2023年10月28日(土)

【キャンペーン】
①2023年9月29日までにお申し込みいただき、トライアル後にご入学が確定いたしましたら、ご入学金30%オフ

②2023年10月28日までにお申し込みの方は、ご入学金を20%オフ

願書提出内容と方法 Application form(入学願書)と事前のアンケートを郵送または、スクールにご持参などの方法で、ご提出ください。

1月の選考会にご参加の際は、事前にApprication fee登録料(税抜)のご案内をさせていただきます。

入学トライアル ◇2023年11月6日(月) 三者面談も実施いたします。
その他 制服:上はスクールTシャツを着用、下は自由(動きやすいもの)

ランチ:スクールから提供

振替:ご家庭の都合による欠席、病気等振替は行いません。(1か月以上の病欠等考慮)

Junior生でKEAへのDaily Classへの進級をご希望の場合は、スクールがご案内する選考会及び入学金は免除になります。個別の面談は実施することがあります。

KEA Junior : https://littlesprouts.website/

2024年度【Daily class】募集要項

出願対象年齢 K1(3歳児) 2020年4月2日~2021年4月1日生まれ 16名
K2(4歳児) 2019年4月2日~2020年4月1日生まれ 若干名
K3(5歳児) 2018年4月2日~2019年4月1日生まれ 若干名
保育時間 平日月曜日~金曜日、8:30~14:30の通学コースです。

KEAの充実したカリキュラムで、年少~年長の3年間、次のステップへのバランスの良い基盤を作っていきます。

願書提出期間 ◇1次募集 2023年6月1日(木)~10月28日(土)
◇2次募集 2024年1月5日(金)締め切り【キャンペーン】
ご兄姉が、KEA会員の方は、ご入学金を50% off
その他、早割キャンペーンなどもございます。各種資料をご覧ください。
願書提出内容と方法 Application form(入学願書)を郵送または、スクールにご持参などの方法でご提出ください。

体験入学&選考会にご参加ご希望の場合には、事前にApplication fee 登録料20,000円(税抜)のご案内をさせて頂きます。

入学トライアル ◇1次 2023年11月7日(火)
◇2次 2024年1月23日(火)◇最終 2024年2月26日(月)
入学選考 入学トライアル後、内定者を通知させていただきます。
ご入学を決定されましたら、ご案内期日までにAdmission fee(入学金)をお納めいただきます。

Baby Class, After Class, Saturday Classも募集しています。お気軽にお問合せください。募集内容は、以下のURLにてご案内しています。https://kobe-english-academy.com/

*またKEAは、神戸市の認可外無償化対象施設になっています。

コメント

お電話はこちら 078-392-7017
error: Content is protected !!