子どもの英語教育 ー英語教育経験15年以上、一人娘をバイリンガルに育てる講師が教える英語教育ー KEA卒業後の英語力をキープするには?

神戸のプリスクール【KEA】について

 

こんにちは!ブログ担当しています、Ms.Yamadaです!

15年以上、子ども英会話教室で子どもたちに英語を教えたり、インターナショナルスクールで日本語を教え、実際、一人娘をバイリンガルに育てている幼児教育の専門家が、英語が話せて当たり前の時代を生きていく子ども達に必要な英語力と生きる力を育てるための知識を紹介するブログ

 

「卒業してからどうやって英語力をキープしたらいい??」とご相談をいただくことがあります。

今回はKEAで高いレベルの「英語」を身に付けたお子様が、日本の小学校に進学され、どのように英語力をキープしたらいいかをご紹介したいと思います。

 

☑ KEAを卒業しても英語力を落としたくない!
☑ フォニックスってなに?
このように思っていらっしゃる方、そしてPhonicsをご存じのない方に、ご参考にして頂けるブログを書きました。

英語の四技能

Listening
Speaking
Reading
Writing

英語の能力は上の4つに分ける事ができます。

 

Phonicsは簡単に説明すると、日本語の平仮名のようなものです。
たとえば、「dog」と書かれていて、dの音、oの音、gの音をつなげて、一つの単語「dog」を読めるようになります。

はじめは一つの文字に対して、一つの音を覚えていきますが、だんだん「oo」や「ea」「ph」など二つの文字をつなげて全然違う音を作り出すなどの音のルールを学びます。

この音をしっかりと定着させることで、発音もきれいになります。

Phonicsを学習する順番がこちらです

1, Alphabet + Letter Sounds

2, Short Vowel Word Families

3, Long Vowel Word Families

4, Blends

5, Digraphs

6, Variant Vowel Pattern

7, R controlled Vowels

8, Multiple Sounds and Spelling

この8ステップにプラスして、Sight Wordsを合わせて学習していきます。

とても参考になるのがこちらの本です。
ご興味のある方はぜひご覧ください。

世界で活躍する子のの育て方 | 船津 徹 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで船津 徹の世界で活躍する子のの育て方。アマゾンならポイント還元本が多数。船津 徹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また世界で活躍する子のの育て方もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

Phonicsについてはまた詳しくブログを書きたいと思います。

 

Phonicsはなぜ大切?

 

英語に限らず、読書習慣はとても大切ですが、ここでは英語に限ってのことを書かせていただきます。

KEAを卒業される頃には年相応、もしくはReading、Writingはネイティブの子よりもできる子もすくなくありません。

ただし、日本語の学校へ進学される場合、残念ながら英語に触れる時間が確実に減るため、一度「停滞期」を迎えます。

 

これに関しては私自身、娘の英語教育にとても悩みました。

どうしても英語が身近にある環境に一日のうちの大半を占めていたころに比べ、日本の小学校に進学し、学校生活に慣れることと宿題に、お友達づくりで忙しく、英語教育なんて・・・という毎日でした。

 

この「停滞期」を迎えた子どもたちの英語力キープのカギを握るのが「英語の本の多読」です。

本を読むことでたくさんのフレーズや、言い回し、日本にはない文化まで知ることができます。

 

その多読ができるようにするためには、幼児期のうちにPhonicsの定着をさせておくことがとても大切なのです。

 

もちろん、KEAではAfter schoolがありますので、小学生の英語教育もフォローする体制はご用意しております♪

 

 

KEAでは?

 

KEAでは幼児期の子どもたちに、とても丁寧にPhonicsを学習し、定着させています。
そのため、卒業するころには子どもたちはたくさんの本を一人で読めるようになっています。

English Lesson

 

English Lessonでは先生が子どもたちにたくさんの言葉のシャワーをかけてくれています。

 

Writingの練習もして、しっかりと復習も頑張っているこどもたち。

 

 

Learning Centers

 

Learning Centersでは子どもたちがより少人数で、個々の活動に取り組んでいます。

半年でたくさんのPhonicsを理解し始めたK1さんたちは、自分で言える単語が増えたことが嬉しそう♪

 

K3さんはPhonicsのルールが定着できているので、次のステップに、たくさんの本を読むことに挑戦しています。

 

Learning Centersでは、デジタル機器も使いながら、レッスンのように先生一人につき複数の生徒を相手にするのではなく、個人個人のペースで学ぶことができます。

 

おまけ IBL (探求学習)

 

KEAでは英語に限らず、日本語の読書習慣も身に付けられるようサポートしています。

 

英語での本をたくさん読むためには、まずは日本語での本読みが大切と考えています。

英語での本読みは、流暢に話せる母語での本読みよりも数倍大変です。
英語が話せない保護者の方は英語本を読んであげられないと心配される方もいらっしゃいますが、全然大丈夫です。
ぜひお家ではたくさんの日本語の本を読んであげてください。

 

KEAでは、英語の日常から日本語のレッスンに気持ちが切り替えられるよう、レッスンのはじめに読書の時間を作ったり、Show&Tellでお家でよく読むお気に入りの本の紹介をし合ったり、もちろん読み聞かせも積極的にしています。

「お家では全然本を読んでくれないんです・・・。」と悩まれている保護者の方も少なくありませんが、Schoolでは、自分から読みたくなる雰囲気、環境をつくるので、無理に読ませているのではなく、子どもたちの「読みたい!」があふれています♪

 

はじめは読めなくてもいいんです。
本と触れ合う時間を作ってあげることが大切。

KEAにはたくさんの本を用意していますが、それでも子どもたちの好みは十人十色。
お家にはその子の好きな絵本をたくさん用意してあげてくださいね!

 

Show&Tellでは私も知らないような絵本を子どもたちが紹介してくれるので、楽しいです。
Show&Tellではプレゼンテーションの練習として大切にしたい活動でもあります。

 

みんながお家から持ってきてくれた本では自分の好きな本の種類も広がりそう!!!

 

2022年度新入生第一次募集期間

2021年10月30日まで、2022年新入生第1次募集期間となっております。詳細は、以下からもご確認いただけます。
出願対象年齢K1(3歳児)2018年4月2日~2019年4月1日生まれ15名
K2(4歳児)2017年4月2日~2018年4月1日生まれ定員のため待機生徒のみ受付
K3(5歳児)2016年4月2日~2017年4月1日生まれ若干名
願書提出期間◇1次募集 2021年6月1日(火)~10月30日(土)
◇2次募集 2022年1月7日(金)締切。以降、残席分のみ随時受付
キャンペーン
2021年 9月30日(木)までにお申込みの方は、ご入学金を50% off
2021年10月30日(土)までにお申込みの方は、ご入学金を30% off
ご兄姉が、リトルスプラウト・KEA会員の方は、ご入学金を50% off
願書提出内容と方法Application form(入学願書)を郵送または、スクールにご持参などの方法でご提出ください。
Application fee 登録料20,000円(税抜)につきましては、入学トライアル参加の方にお振込先のご案内をいたします。
入学トライアル◇1次 2021年11月10日(水)
◇2次 2022年 1月18日(火)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

英語を習い始める時、まず多言語に抵抗のない時期に英語を学び始めると、とてもスムーズに習得する事ができます。

高い英語力を早めにつけてあげ、あとは中学生くらいまでは細くても長く継続させることが大切です。

KEAの日常はわくわくがいっぱいです♪

 

現在2022年度の新入生の願書を受け付けております。

ぜひご見学、資料請求など、お問い合わせくださいませ!!!!

 

お電話はこちら 078-392-7017
error:Content is protected !!