Robotics

【2024年度】生徒募集のご案内

Robotics Classの詳細

KEA Inventopia “Learn Robotics to be pioneering the future.”
KEAでは、英語で学べるロボティックスクラスを開講しています。そもそもプログラミングをする際には、コードのコメントなどを英語で読むことが求められます。
プログラミング時に求められる英単語は、一般的な英語で求められる英単語とは異なり、プログラマーを目指す人は、単語を勉強する【プログラミング英語検定】。
日本語で学ぶプログラミング教室は多くありますが、英語で学べるコースは多くありません。先生が話す言葉や、使うソフト、パソコンはすべて英語表記です。将来的にプログラミングを学ぶ場合に、英語でそれぞれの名称が何と呼ばれているかに慣れていると優位です。
KEAではすべてのレッスンを英語で行っています。インターナショナル幼稚園や、小学校に通学する生徒の方など、基本的なパソコン操作、英語のコミュニケーション能力が必要です。

ロボテックスクラスって?

教材は、アーテックブロックという、縦・横・斜めの全方向につなぐことができる新しい形状のブロックを使います。限られた種類でもさまざまな形の作品を組み上げて遊ぶことができます。

ブロックで遊びながらかたちを組み立て、プログラミングを組み込み、思い通りの動きを与えるプログラミングロボットを基礎から学ぶクラスです。

アーテックロボットの3つの特徴

KEAでは、英語とロボティックスが同時に経験できるよ

1.ブロック遊び感覚で自由にロボットが作れる!

ロボットパーツはセンサーやモーターも含めて全てブロック式なので差し込むだけで組み立てることができます。
ねじしめやはんだづけなどの作業は一切必要ありません。

2.ドラッグ&ドロップでプログラミングができる!

組み立てたロボットのプログラミングはオリジナルソフトでアイコンをドラッグ&ドロップして行います。
直観的な操作が可能な2種類のソフトが用意されており、初心者のかたでも、簡単にプログラムを組めるようになっています。

3.アイデア次第でさまざまなロボットがつくれる!

豊富な種類のセンサー、モーター、ブザーが用意されているため、パーツを組み合わせることでつくれるので、ロボットの幅が一気に広がります。

ロボテックスクラスで身につく力

1.論理的思考力

ロボットにイメージ通りの動きをさせるために、どのような命令が必要かを考え、その命令を効率よく順序立てて並べていくことで論理的思考力が身につきます。

2.問題解決能力

ロボットがイメージ通りに動かない時、子どもたちは必死に原因を探し、修正を繰り返します。そして、自分なりの答えを見つけることで、問題解決が身につきます。

3.想像力

あらゆる方向につなげるオリジナルブロックとプログラミングによる試行錯誤を組み合わせることで、ゼロから考える力を養い、無限の想像力を引き出します。

 

 

Schedule & lesson Fee

Level 1(週1回)

Scratchを使ったロボットプログラミングコース

・水曜日 16:00-16:50

・木曜日 16:00-16:50

16,000yen(+Tax) / month

Level 2(週1回)

Level1を終了した生徒のレベルアップコース

・水曜日 17:00-17:50

・木曜日 17:00-17:50

16,000yen(+Tax) / month

お電話はこちら 078-392-7017
error: Content is protected !!